PC用 SP用

秀和田町レジデンス

二つの秀和が横並びするベイサイド秀和

田町駅、三田駅、芝浦ふ頭駅の3駅が
利用可能なベイサイドエリアの秀和です。

この秀和への道のりは田町駅と三田駅からはほぼ同じ。
それぞれの駅から少し歩くと見えてくる、芝浦公園を通り
香取橋を渡って芝浦2丁目へ。
海が近く道幅も広いので、歩いていると
心地良い潮風が抜けて海の香りが漂ってきます。

旧海岸通りを抜けて浦島橋の交差点前を
曲がると目に入る、2棟の秀和。
ここは秀和ではかなり珍しく横に並んで
仲良く隣り合わせで建てられているんです。

こちらのひとつ、秀和田町レジデンス、
1982年に建築された総戸数・144戸の秀和です。

色は隣の秀和田町第2レジデンスと比べると
すこし淡めの秀和ブルー。
80年代に建てられた秀和は
それより以前の60~70年代の秀和に比べ
装飾は段々とシンプルな装いになっていきました。

こちらの秀和は1982年完成ですが
アプローチ前にはデコラティヴなアーチと門柱がしっかりとご健在。
波模様を思わせるアイアンのアーチ装飾に組み合わさった門柱が素敵です。

アプローチのタイルは80年代らしく
小さなモザイクタイルではなく、四角いタイルが配置されています。
ベイエリアであることを意識したのでしょうか、
タイルはこちらも波打ち際のような模様が印象的。
アールがかった秀和らしい、ゆるくS字を描いた
バルコニーの手すりもちゃんとあって可愛いですね。
ラフウォールは80年代の秀和らしく、毛羽立ちや塗り方は
すこし抑えめな印象です。
それでも正面から見た建物の控えめな装飾と
すっきりとした外観とが自然と調和してとっても素敵。
(第二レジデンスとの違いも楽しんでいただきたい!)

近隣に2つの秀和がありながら、
「第一」「第二」の名がついていないのはレアじゃないでしょうか。
ほぼ同時期に建てられたにも関わらず、
なぜここには第一の名が付いていないのか?…秀和の謎です。

田町駅はJR山手線とJR京浜東北線、
近くの三田駅から都営三田線と都営浅草線が出ているため
芝浦ふ頭駅を走るゆりかもめと合わせて
5路線も使えて交通の便が抜群に良いのが特徴的。

最寄駅の一つである田町駅は
周辺に大手企業の本社も並ぶ、一見すると
ビジネス街の印象が強い場所です。
でも芝浦って実はマンションが多く、居住人口も多いエリア。
秀和田町の近くにはコンビニだけじゃなく「ピアゴ」を始め
「ライフ」や「ピーコックストア」などスーパーも複数あったり
お買い物できるところもあって生活にも十分便利なんです。

しかも、自転車があれば東京タワーや
芝公園だって15分ほどで行けちゃう。
そんなに遠出しなくったって、近くの芝浦公園を
お散歩するだけでも楽しいし
ちょっとしたリフレッシュがてら外へ足を向ければ
潮風が香る街並みを散策できる。

東京湾も徒歩圏内で夏の賑やかな花火大会も
近くで観ることができそうです。

潮風香るベイエリアに立つ秀和の1棟です。

マンション名 秀和田町レジデンス
所在地 東京都港区芝浦2丁目4−6
最寄り駅 JR山手線「田町」駅徒歩 9分、 都営浅草線 「三田」駅徒歩 10分
築年月 昭和57年1月
建物構造 鉄筋コンクリート造(RC)
棟総戸数 144戸
管理会社
問合せ番号 00000276
備考 SRC造11階建

問い合わせ|物件を貸したい・売りたい